対物賠償保険とは

 

「賠償保険」と呼ばれるタイプの自動車保険は、運転者側が交通事故の加害者となり、相手に対する損害賠償責任が発生してしまった場合について、その賠償額に見合った保険金が支払われるという内容のものです。
このなかでも、他人にケガや死亡といった身体的な被害を与えてしまった場合に適用される「対人賠償保険」に対して、他人の財物に損害を与えてしまった場合に適用される保険のことを「対物賠償保険」と呼んで区別しています。
ここでいう「他人の財物」とは、事故で壊れてしまった他人が所有する自動車や、同じく事故によって被害を受けた沿道の家屋やガードレール、電信柱などの、価値をもつ物のことをいいます。
通常、すべての自動車には法律にもとづく強制保険としての自賠責保険がかけられていますが、これは人身上の損害だけを対象範囲とした保険であり、物の被害については保険金がまったく下りません。
特に、事故の相手方が精密機器などの高価な積み荷を積んだ営業車であった場合や、店舗に自動車が突っ込んで修理期間中の営業ができなくなってしまったといった場合には、かなり高額な損害賠償請求が降り掛かってくる可能性がありますので、任意保険として必ず加入しておくべき保険といえます。